淡路島でのカーネーション栽培のようすや、日々の出来事をお伝えします  ▼プロフィールはこちら

RSS

1月17日

2010.01.19

やはり、この日は兵庫県民にとって特別です。

あの日から、早くも15年がたちました。
当時僕は大学一年生で、広島に住んでいました。明け方に大きな揺れで目が覚め、慌ててテレビをつけると、淡路島に震源地を表すバツ印が…実家と連絡がつかず、心配しました。
夕方ようやく電話がつながり、家族全員の無事を知りました。いくらか家屋に影響がありましたが、幸い家族や親類縁者、友人知人には人的被害がなく、本当によかったです。


しかし、多くの被害を出し、多くの悲しみを生み出した震災を忘れることはないでしょう。そのつめ跡は、今も僕たちに圧倒的な説得力で迫ってくるのですから…



写真は震源地の旧北淡町にある野島断層です。

このページの先頭へ