淡路島でのカーネーション栽培のようすや、日々の出来事をお伝えします  ▼プロフィールはこちら

RSS

大会初日!

2009.11. 9

『平成21年度全国農業青年交換大会&第42回中国四国地域若い農業者のつどい』初日!



始まりました!
全国大会参加は今回で二回目ですが、たくさんの方々が集まっています。盛況ではなく、大盛況です。
兵庫県からは、僕を含めて3名の参加となりました。ちょっと寂しいです…
とはいえ、来年度は近畿で全国大会が開催されるので、色々と勉強させていただきましょう♪


開会宣言があり、その後、主催者挨拶や来賓祝辞が続きます。
そして、初日のメインイベント『プロジェクト発表・意見発表』です。


今回は、中国四国各県より11名の方が選出されていました(プロジェクト発表7課題、意見発表4課題)。
今まで、発表の審査をしたことはありませんでしたが、来年度以降は、どうも審査する立場になっちゃいそうです。
ってことで、現兵庫県連会長の福井さんに教えていただきながら、審査の練習をしました。
内容だけでなく、時間配分や実用性、普及性等々…見るべき点は多岐に渡ります。

その中で、いい! と感じたのは、岡山県の齋藤考実さんの『ブドウの「ズバ切り」による作業性改善果実品質向上』と、香川県の川西裕幸さんの『農家の夢を形にする仕組み作り 農家ブランド「ファームスイーツ」編』の二点でした。
特に齋藤さんの発表は、オリジナリティーにあふれていて、なおかつ普及性・実用性・啓発性に優れていると感じたからです。発表は翌日なので、結果を楽しみに待ちましょう。


    


審査員が審査をしている間に、平成20年度の最優秀・優秀プロジェクト発表を聞きました。
うーん…すごい。めちゃめちゃよく出来ています。さすがの一言です。


さてさて、発表も終わり、夕方からは『歓迎の夕べ』です。
各県選りすぐりの食材が、地産地消をテーマに調理されていました。
肉あり、魚あり、野菜あり、果物あり、お米ありと盛り沢山。めちゃめちゃ美味かった!
腹いっぱいを超えて詰め込んでしまいました。


  
 

このページの先頭へ