淡路島でのカーネーション栽培のようすや、日々の出来事をお伝えします  ▼プロフィールはこちら

RSS

たまねぎの種蒔きヽ('ー`)ノ

2009.09.18

先日バスアミド(※1)処理した畑に、たまねぎの種蒔きをしました。

被覆をとり、表層をレーキで撹拌してガス抜きをし、平らに均します。
水をやり、土壌を少し湿らせます。そこに種蒔きするのですが、蒔きやすいように、種にオーソサイド(※2)をまとわせておきます。こうすると種が白り、どこに蒔いたか分かりやすいのです。


なるべく均一に、粗めに蒔いて覆土し、鎮圧します。
その上から、乾燥防止にバーク堆肥を均一に振り掛けます。このとき、EC(※3)が高くなると発芽率が低下するので、注意します。


  たまねぎの種  


さらに、切り藁を敷き詰めて、たっぷり灌水しておきます。
乾燥が大敵なので、2日に一度位のペースで水やりし、乾かないように気をつけます。
種一缶(写真中)で、およそ五畝程度の苗ができます。


※1 バスアミド :土壌病害虫薬剤
※2 オードサイド :殺菌剤
※3 EC :電気伝導度

このページの先頭へ