淡路島でのカーネーション栽培のようすや、日々の出来事をお伝えします  ▼プロフィールはこちら

RSS

土壌管理講習会

2009.09.16

施設園芸における、土壌管理研修会に参加してきました。

淡路市内ではカーネーションをはじめとしたストック、バラ、スイートピーなどの施設花卉生産や、トマト、ふき、いちご、軟弱野菜などの施設野菜生産が行われています。いずれも施設内での栽培であるため、土壌の利用率が高い上に外部の環境と隔離されることから土壌養分の過多などに気を配る必要があります。

そこで、施設園芸の安定生産を行うための、適切な土壌管理について習得する、研修会が開催されました。

施設園芸における土壌管理のポイントの
1)土壌養分集積対策
2)堆肥投入の際の留意点
3)注目の資材
等について、JA兵庫アグリ対策部の技術顧問の倉吉 惇一郎氏のお話を聞きました。(右 :最前列かぶりつきで講演を聴く)


以前にも一度お話を伺った事がありましたが、その時は、僕自身が就農して間もなかったため、複雑怪奇な内容に感じられました。
それから数年 たって、少しは農業の事が分かって来たのかな?以前よりも実感として入って来ました。

さて、さっそく『アノ』資材を試してみますかな。何を試すかは後日報告しますね~。

このページの先頭へ