淡路島でのカーネーション栽培のようすや、日々の出来事をお伝えします  ▼プロフィールはこちら

RSS

開口部は地面に一工夫(^-^)

2009.09. 1

サトウキビと戦う両サイドと奥ヅマはタイベックの防虫ネットを張りましたが、開口部は、構造的にそのままになっていました。
そこで一工夫。温室に沿って、地面にラミネート加工されたタイベックのシートを張ることにしました。光の反射でアザミウマの侵入を防ぐ資材で、地面に張っても効果が期待できます。


とりあえず、先客として植えられているサトウキビを撤去します。これがかなりの重労働です(汗)。
普及員の方々にも手助けしていただきました。あまりにも根張りがキツくて、スコップと備中鍬が折れてしまいました(涙)。(写真右 :サトウキビと戦う) 


何とか撤去して、軽くならしてから、まずは妨草効果を期待して、黒マルチを張りました。その上にタイベックのシートを重ねて張りました。

普及員とともにタイベックを敷設  できあがり。ミョウガは後日退避予定
左 :普及員とともにタイベックを敷設 / 右 :できあがり。ミョウガは後日退避予定


(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

このページの先頭へ