淡路島でのカーネーション栽培のようすや、日々の出来事をお伝えします  ▼プロフィールはこちら

RSS

後期専修科授業終了( ..)φ

2009.07.14

昨年10月の前期、今年1月の中期に続き、遂に後期授業が終わりました。
どの授業も内容が濃く、めちゃめちゃ勉強になったのはもちろん、大変楽しく学ぶことができました。


  


後期授業は、
宍戸純氏(大田市場営業本部第一マネージャー)から、過去・現在・未来の花きにおけるトレンドとその作り方等々。
小川孔輔先生(法政大学経営大学院教授)から、現在の花き業界の状況や、海外花き市場の動向と花ビジネスの展開方向。
日影孝志氏(岩手県八幡平市花き研究開発センター所長)から、リンドウの輸出実践者としての経験談を。
山本真也所長(農研機構情報広報部知的財産センター)から、知的財産権に関する基本的な知識と品種登録の手順、並びに契約書の作成の仕方。
久松完氏、住友克彦氏(花き研究所生育開花調節研究チーム主任研究員)から、施設花卉生産における光利用の可能性について。
今西英雄先生(ジャパンフラワーカレッジ校長)と、本図竹司氏(茨城県農業総合センター生物工学研究所研究調整監)からは、前期・中期の授業を受けて聴講生がレポート発表した、『特徴ある花卉経営を展開するための具体的方法と手順』について、御助言いただきました。


それぞれ超一流の方々で、率直なところ『贅沢過ぎるなぁ~』って感じです。これだけのメンバーが勢揃いすることなんてあるんですね~(笑)


  


他にも、
千葉大学園芸学部教授の安藤敏夫先生。
農林水産省生産流通振興花卉産業振興室の表尚志室長。
花き研の築尾嘉章氏や岡野邦夫氏や小野崎隆氏。
洋蘭栽培の黒臼秀之氏やグラジオラス・アルストロメリア栽培の久家源一氏。
もちろん、他の聴講生の方々からも多くのことを学ばせていただきました。このような機会に出合えて、とても良かったです。


数年後には講師として話をするのが、密やかな野望です(笑)
そのためにも、日々の栽培と研究を頑張ります!

このページの先頭へ