淡路島でのカーネーション栽培のようすや、日々の出来事をお伝えします  ▼プロフィールはこちら

RSS

いよいよラストスパート(*'-^)-☆

2009.06.15

さて水やりが終わり、一晩馴染ませた後で管理機で耕します。

カルチェとテーラーの二刀流です。カルチェで荒起しし、テーラーで念入りに耕します。
温室とはいえ、一年間使った圃場は土が硬くなっており、機械を扱うのも一苦労です。ベッドの枠板を傷付けないよう、少しずつ丹念に作業を進めます。
これだけで丸々一日かかる、意外な重労働です(汗)

  


丁寧に耕した後は、被覆用の農ポリを通路に沿ってスタンバイします。
以前は大きな農ポリを使っていましたが、今は畝幅に合せた物を使っています。こちらの方が取扱いが容易で、作業性も良いです。


  

  
そしていよいよ消毒です。機械打ちで、クロルピクリンをバシバシ打って行きます。打ち終わった畝から農ポリで被覆します。一反あたり約2時間位ですね。天気次第ですが、一週間程置いておきます。
って感じで、後片付けから消毒までの一連の流れが終わります。一反で6日から7日位かかります。連日筋肉痛に悩まされています…


同じ作業が、あと2回待っています…やっぱり大変やなぁ~(汗)

このページの先頭へ