普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

山形県
深瀬庸之

大石田町「スイカオーナー会」収穫イベント

2010.08.10

 今回は大石田町の特産であるスイカの話題をお届けします。
 大石田町の特産品であるスイカは、甘くておいしいと全国的に知られています。大石田町スイカオーナー会(実行委員長:阿部孝義町長、事務局:町産業振興課内)は、このおいしいスイカを都会の方にも食べていただき、さらに、作業も体験していただきたいという願いから、「スイカオーナー制度」をおこなっています。


 今年で13年目を迎えますが、参加者には好評で、リピーター12回の方もいらっしゃいます。オーナー1口(スイカ苗1株)の申し込み料金は3,000円です。
 今年は5月2日に苗を植え付け、担当農家(芳賀哲雄氏)の丹精込めた手入れもあり、甘くてみごとな大玉スイカに仕上がりました。


 今年の収穫イベントは、おなじみの深堀ふれあい農園を会場に、7月31日から2日間開催されました。
 炎天下にもかかわらず、126名のオーナーとその家族等が収穫を体験し、「オーナー気分」を満喫していました。オーナー1口につきスイカ2個を収穫し、さらに1個が担当農家からプレゼントされました。


  
左 :オーナー代表も加わりテープカット / 右 :各オーナー名を確認して収穫


  
左 :スイカ食べ放題コーナー / 右 :抽選会景品の一つ「盆栽スイカ」


 このほかに収穫イベントとして、抽選会やスイカ割り、種飛ばしゲーム、スイカの重さ当てクイズ、スイカと漬け物の食べ放題コーナーなどお楽しみが多数準備され、料金以上の満足感のあるスイカオーナー制度でした。中でも小学生対象のカブトムシ抽選は人気の的で、当たった子供さんは大喜びのようすでした。


  
左 :重さ当てゲーム / 右 :カブトムシ抽選


(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

深瀬庸之

山形県村山総合支庁産業経済部北村山農業技術普及課で、おもに、畜産全般と大石田町の地域づくりを担当しています。管内は、総称「山形牛」の大きな産地で、高級和牛生産の支援に加え、繁殖牛の増頭支援に取り組んでいるところです。また、明日の地域づくりについて、農用地利用改善団体や、集落営農組織の方々と共に悩みながら、今後の方向性等を検討しています。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る