普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

山形県
深瀬庸之

春の農作業事故防止啓発運動

2010.05.12

 痛ましい農作業事故は、依然として、毎年全国で発生しています。
 農業者の高齢化、農業機械の大型化や多様化が進む中で、「農業機械の転落・転倒事故」が死亡事故の原因の3分の1を占め、さらに70歳以上の農業者の割合が5割を超えています。
 県内の発生件数は減少しているものの、これと同様な傾向にあり、とくに、春の農繁期には、トラクターの転倒等を原因とした重大事故が発生しています。
 そこで、事故防止の啓発を促す統一的な運動を、今年も県内全域で実施することになりました。
 当管内の関係機関・団体は、県の農作業事故防止運動にあわせ、「北村山地区春の農作業事故防止運動」を展開します。


 実施主体は当農業技術普及課と、北村山地区農業機械士会です。
「水稲春季作業(耕起から田植え)等における農業機械の転落・転倒事故の防止」を啓発テーマに、4月10日から6月10日まで、広報巡回、事故防止啓発のぼりの設置などを行うことにしています。
 4月20日には出発式を行いました。関係者の決意と意識を新たに取り組んでいます。


  
左 :広報キャラバン隊出発式 / 右 :「農作業事故防止啓発のぼり」の伝達 


  
左 :「農作業事故防止啓発のぼり」を持つ各地区代表者 / 右 :「農作業安全」を呼びかけながら走る広報車 


深瀬庸之

山形県村山総合支庁産業経済部北村山農業技術普及課で、おもに、畜産全般と大石田町の地域づくりを担当しています。管内は、総称「山形牛」の大きな産地で、高級和牛生産の支援に加え、繁殖牛の増頭支援に取り組んでいるところです。また、明日の地域づくりについて、農用地利用改善団体や、集落営農組織の方々と共に悩みながら、今後の方向性等を検討しています。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る