普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

沖縄県
照屋清仁

小学生の農業視察ツアー

2010.10. 6

 中部地区の関係機関で構成されている「中部地区農業後継者育成確保対策協議会」の活動の中に、担い手育成事業(子どもたちの体験農業)があります。
 子どもたちに実際に農業を体験してもらい、身近に感じてもらうのが目的です。
 内容は植え付けから収穫、収穫物を活用した調理実習、といったことが中心ですが、今年から、農業の最先端の現場を知ってもらおうと、視察研修を行いました。


 嘉手納町立屋良小学校の5年生と一緒に、最初は琉球大学の植物工場の見学です。
 諏訪竜一准教授から、『なぜ植物工場の研究をしているのか?』という話をしてもらいました。
みんな初めて聞く話に興味津々といった感じで、たくさんの質問が出ました。大人ではなかなか考えつかない質問もあり、私も勉強になりました。


 実際に植物工場の研究をしているコンテナについては、川満芳信教授が説明してくれました。
早めにお願いすれば、視察日に合わせて植付けし、食味までできるようです。この日は諸事情により、まだ食べられる大きさではなかったため、食味はできませんでした。


  


 次の視察は、沖縄県農業研究センターです。
 與儀喜代政研究員から、芋についての説明と場内の見学がありました。
学校で芋の栽培を行っているので、子どもたちはものおじすることなく、ここでもたくさんの質問をしていました。


  


 普段、このような施設で学習する機会がないため、生徒たちからは「楽しかった」との感想があり、先生方からも「この時期はいろいろな刺激を受けて成長しますので、いい事業ですね」と言われました。
今後も、関係機関と連携して、取り組んでいきたと思います。

照屋清仁

沖縄県中部農業改良普及センターで新規就農、青年農業者を担当している照屋清仁です。新規就農者や青年農業者が安心して農業を続けられるように支援を行っていきたいです。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る