普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

沖縄県
照屋清仁

八重山から中部へ

2010.04.28

新年度最初の記事です。
4月の人事異動で、八重山から沖縄本島の真ん中にある中部農業改良普及センターに転勤となりました。
異動してきて3週間ちょっと。やっと仕事にもなれてきたところで、記事にするネタもまだあまりありません。
そこで、中部農業改良普及センターについて、簡単に紹介したいと思います。


沖縄市にある中部農業改良普及センターは、去年の10月に完成した中部合同庁舎内に引越したばかりで、とてもきれいな職場です。
管轄はうるま市、読谷村、嘉手納町、沖縄市、北中城村、中城村、北谷町、宜野湾市、西原町、浦添市の4市3町3村からなる、都市部と農村部が混在する地域です。
中部地区は、さとうきびの栽培面積が916haと最も多く、ついで花き311ha、野菜258haとなっています。
その中でも中部地区は、沖縄県が全国シェア1位である菊の産地で、拠点産地にも認定されています。


  
左 :中部合同庁舎。普及センターは2階にあります / 右 :収穫を控えた菊畑の風景


中部地区の農業については現在勉強中なので、おいおい話をしていきたいと思います。
次回からは、担当することになった青年農業者や新規就農者支援の活動、また、おもしろい取り組みについて、紹介していきたいと思います。

照屋清仁

沖縄県中部農業改良普及センターで新規就農、青年農業者を担当している照屋清仁です。新規就農者や青年農業者が安心して農業を続けられるように支援を行っていきたいです。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る