普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

沖縄県
照屋清仁

斧を片手に、さとうきび展示ほ調査

2010.03. 3

沖縄の冬は、意外に晴れの日が少なく、日照率は下から数えたほうが早かったような覚えがあります。
そのわずかな晴れ間を狙って、西表島に展示ほ調査に行ってきました。

普及課では、資材や技術の効果を実証するために、農家に協力してもらい、いろいろな作物の展示ほを設置しています。

さとうきびは、現在、奨励品種として農林27号までが登録されていますが、実際に栽培してみないと、現地の環境や土壌に適しているか分かりません。
西表島のさとうきびほ場は、島で普及させる品種を選抜するための展示ほで、今回は収量を調べました。
調査項目は、本数、仮茎長、茎径、ブリックス(糖度)、10本重の5項目です。

さとうきびほ場を見たことがある人は、少ないと思いますが、2~3mあるさとうきびの中に入って、本数を数えるのだけでも、かなり重労働です。
職員2名だけでは辛いので、製糖工場職員に協力してもらいました。4名で調査したのですが、約2時間かかりました。


  
左 :調査するさとうきびを刈り倒しています / 右 :重さを計測中。ここでは腕力が必要です


この栽培試験のデータをもとに、品種の検討をおこないます。
西表島に適した品種が広がり、さとうきび生産が向上することを夢見て、今後も地域と協力して、品種の選抜をおこなっていきます。

照屋清仁

沖縄県中部農業改良普及センターで新規就農、青年農業者を担当している照屋清仁です。新規就農者や青年農業者が安心して農業を続けられるように支援を行っていきたいです。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る