普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

沖縄県
照屋清仁

さとうきびの収穫シーズンがやってきました!!

2010.01.19

 沖縄はさとうきびの収穫シーズンに入り、自分が担当している西表島と波照間島が1月6日に、小浜島は1月13日に、製糖工場の操業がスタートしました。


 今期のさとうきびは、台風の被害が例年より軽かったため、生育がよく、増産が期待されています。
 さとうきび農家と話をしても「今年のさとうきびは生育もいいし、糖度も高いよ~♪」という明るい声が聞こえてきます。
 微力ではありますが、普及員として地域に関わり、さとうきびの生育を見ているので、このような声が聞けると、自分のことのようにうれしくなってきます。


 そして、下の写真ができたてほやほやの西表産黒糖です。
 黒糖は健康ブームなどで注目され、知名度はあがってきている? のではないでしょうか。
 職場でも、仕事の合間の息抜きに食べている姿が見られます。一口サイズで食べやすく、いい気分転換にもなるので、自分もよく食べています。


  


 袋の右上に「本場の本物」と書かれたマークが付いていますが、なんだか分かりますか?
 これは、地元の食材を使い、伝統の製造法で作られていると認定を受けた製品だけが表示できるマークです。
 西表産黒糖だけでなく、小浜産、波照間産、与那国産などの黒糖にも、このマークがあります。
 こだわりの黒糖を食べたいという人は、ぜひ、このマークの付いた商品を探してみてください。


 ※「黒糖」と「本場の本物」の詳しい説明はこちらをご覧ください。


照屋清仁

沖縄県中部農業改良普及センターで新規就農、青年農業者を担当している照屋清仁です。新規就農者や青年農業者が安心して農業を続けられるように支援を行っていきたいです。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る