普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

沖縄県
照屋清仁

はじめまして、沖縄から

2009.12. 7

 沖縄県八重山農林水産振興センター農業改良普及課の照屋清仁(てるやきよひと)です。
沖縄県農業改良普及センターHPより 私が勤務している八重山のこと、担当しているさとうきびの話などを中心に、書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。


 八重山農業改良普及課は、沖縄本島から南に約400km、飛行機で約1時間の、石垣市にあります。沖縄県内で一番南にある普及課なので、日本で一番南にあるということになります。
 管轄地域は石垣市、竹富町、与那国町の3市町で、さとうきび、畜産、水稲、野菜、熱帯果樹、熱帯花きなど、幅広く栽培が行われています。与那国町には駐在職員が1人配置されており、日々がんばっています。    
                        

 さて、私が担当している竹富町のさとうきびは、そろそろ収穫の時期を迎えます。
 さとうきびは、砂糖の原料として製糖工場に搬入されるため、工場の操業に合わせて収穫が始まります。
 竹富町は「含蜜糖」地域なので、製糖工場に搬入されたさとうきびからは、黒砂糖が作られます。ほかの「分蜜糖」地域では、白砂糖が作られます。
 収穫量などによって変わりますが、製糖工場の操業は、早くて12月上旬、遅くても1月初旬から始まります。操業が始まると、きび倒し(さとうきびの収穫)で島が活気付き、工場からはさとうきびの甘い香りがただよってきます。


『ちゅらさん』の舞台となった小浜島の風景  小浜島のさとうきび畑<br />
左: 『ちゅらさん』の舞台となった小浜島の風景 / 右 :小浜島のさとうきび畑


 竹富町には、小浜島、西表島、波照間島の3島に製糖工場があるので、ひとえに黒砂糖といっても島によって風味が異なり、3種類の風味が楽しめます♪
 皆さんも黒砂糖の食べ比べをして、自分にあった黒砂糖を探してみてはいかかでしょうか?

照屋清仁

沖縄県中部農業改良普及センターで新規就農、青年農業者を担当している照屋清仁です。新規就農者や青年農業者が安心して農業を続けられるように支援を行っていきたいです。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る