普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

福井県
上野直哉

福井では苗を植えない!?

2009.05.14

 みなさん、はじめまして!福井県の坂井農林総合事務所で、水稲、麦、大豆等を担当している上野です。
 春先は大麦の防除指導や水稲の実証圃を設置したりと、忙しい日々を送っています。最近ではすっかり顔が真っ黒になってしまいました。


 福井では田植え風景が変わりつつあります!!
 左の写真のように、田植機が通った後でも、苗が植わっていません。省力化、低コスト化につながることから、県内ではこのような直播栽培面積が年々増加しています
 また、中央の写真のように、無人ヘリを利用した播種も、一部では行われています。右の写真のように、種籾に酸素発生剤を粉衣して播種しています。


 無人ヘリを利用した播種 種籾に酸素発生剤を粉衣して播種  

    
 一昔前は、芽が出てこなかったり倒伏したりと、問題の多かった直播栽培ですが、高精度条播栽培を導入してからは安定した収量が得られています。でも、播種してから芽が出てくるまでの、農家の方のドキドキ感は相変わらずですが・・・。

 今後も、マイペースで普及活動を紹介させていただきます。どうぞ、よろしくお願いします。


上野直哉

福井県坂井農林総合事務所の上野です。専門は作物(稲・麦・大豆等)で、あわら市、坂井市三国町を担当しています。集落営農や大規模経営農家の支援を行っています。普及員8年目ですが、よろしくお願いします。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る