普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

blog_hukyu_furuse_f.jpg島根県
古瀬 太

時代はシリーズ第3弾! 時代は”お米”

2009.10. 9

 畜産農家での飼料(餌)価格高騰対策の第3弾として、今回紹介するものは、日本人の主食である”お米”です。
 お米と言っても、利用の仕方は様々です。食べるために栽培した米の副産物である”稲ワラ”に加え、最近では、WCS(ホールクロップサイレージ)用イネや飼料用米の栽培が盛んに行われるようになりました。

 現在、日本では米の生産調整が行われています。本来、米を作ってきた水田で、米以外の様々な作物が栽培されていますが、WCS用イネや飼料用米の栽培には、大きなメリットがあります。それは、稲作の機械がそのまま使えることです。


天候を心配しながら、フェリーに乗船。隠岐の島影が見えて来たところです  収穫調製研修会の様子。実証圃担当農家から説明を受けました
左 :天候を心配しながら、フェリーに乗船。隠岐の島影が見えて来たところです
右 :収穫調製研修会の様子。実証圃担当農家から説明を受けました


 隠岐諸島は、古くから放牧を中心とした繁殖牛経営が盛んな地域ですが、離島のため、購入飼料価格は本土よりも幾分高くなってしまいます。そこで、今まで栽培されたことがないWCS用イネの実証圃を隠岐の島町に設置し、収穫調製の研修会を実施しました。
 研修会に参加された繁殖農家からは、大きな期待の声が聞かれました。


後継者である娘さんも指導を受けながら収穫機で実演  実証圃担当農家が考案したクレーンを利用したベールクリッパー
左 :後継者である娘さんも指導を受けながら収穫機で実演
右 :実証圃担当農家が考案したクレーンを利用したベールクリッパー


 餌の大半を輸入穀物に頼っているため、日本の畜産物の国内自給率は低いのですが、今後はいろいろな場面で、お米を食べさせた畜産物にお目にかかれるようになると思います。


(画像をクリックすると大きく表示されます)

古瀬 太

島根県農業技術センター技術普及部畜産技術普及グループで、主に乳用牛を担当しています。 農家に信頼される普及員を目指して、牛群検定成績を活用した飼養管理指導や搾乳機器の点検等の普及活動に日々励んでいます。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る