普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

blog_hukyu_furuse_f.jpg島根県
古瀬 太

高校生の牛を見る目はいかに?

2009.06.29

 乳牛も肉牛も、より良い牛乳やお肉を、より多く消費者の皆様にお届けできるように、外観でも能力の審査を行います。
 先日、高校生による外観の審査の競技が、畜産技術センターで行われました。

 ちなみに、私も審査員として参加しましたが、高校生たちの、真剣で熱心に競技している姿に感心しました。また、牛を見る技術の高さも、審査員がたじたじになるほどでした。


個人戦肉用牛審査  個人戦乳用牛審査
左 :個人戦肉用牛審査 / 右 :個人戦乳用牛審査


団体戦審査
団体戦審査


 畜産後継者の確保は、島根県の、ひいては日本の畜産界がますます発展し、消費者の皆さんにも、今まで以上に良質で安心、安全な牛乳やお肉を楽しんでもらえる原動力になると思います。
 今回参加してくれた生徒さんたちの中から、畜産農家の後継者や指導者が、一人でも多く誕生することを期待しています。


 なお、上位の成績は次のとおりでした。

●団体戦 
 優勝   出雲農林高校 「うっしーズ」
 準優勝 矢上高校 「平茂勝」

●個人戦 
 乳用牛の部 最優秀賞 出雲農林高校 小川 希望 さん
            〃   出雲農林高校 田部 慶吾 さん
 肉用牛の部 最優秀賞 益田翔陽高校 宮内 政美 さん
           2位   出雲農林高校 石本 茜 さん
 

 個人戦肉用牛の部の上位2名は、10月の全国大会へ出場するそうです。
 ぜひ頑張って下さい!


(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

古瀬 太

島根県農業技術センター技術普及部畜産技術普及グループで、主に乳用牛を担当しています。 農家に信頼される普及員を目指して、牛群検定成績を活用した飼養管理指導や搾乳機器の点検等の普及活動に日々励んでいます。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る