普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

blog_hukyu_furuse_f.jpg島根県
古瀬 太

本日も晴天なり・・・だんだん!

2009.05.12

 島根県の普及員は、主に専門的な技術等を全県エリアで指導する技術普及部と、各地域でひとづくり、ものづくり等の活動を行う農業普及部のどちらかに所属しています。


 私の所属する技術普及部の職員は、試験研究組織と連携を密にするため、部員は3箇所に分散しています。畜産を担当する職員は私を含めて4名がおり、畜産技術センターに室があります。


出雲平野  畜技建物
左 :出雲平野
右上の白い半円形の建物が出雲ドーム。左側が出雲大社方面になる。
右 :畜技建物
島根県畜産技術センター(昨秋のふれあいまつり開催日に撮影)。屋根には特産『石州瓦』が使われている。


 私達の部屋は北向きで、日当たりが悪く、特に冬場は他のスペースより寒いのですが、窓からの眺望は、出雲平野が見渡せる絶景ポイントです。本日は小春日和の晴天で、出雲ドームや“縁結びの神様”で有名は出雲大社方面まで視界良好です。


 既に放送は終わってしまいましたが、NHKの朝の連続ドラマ『だんだん』は出雲大社で双子の姉妹が偶然出会う場面から始まりました。
 私達の仕事でも、いろんな偶然に出会うことがあります。でも、最終的に求めるのは、農家からの『だんだん』(出雲地方の方言で「ありがとう」と言う意味)です。


(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

古瀬 太

島根県農業技術センター技術普及部畜産技術普及グループで、主に乳用牛を担当しています。 農家に信頼される普及員を目指して、牛群検定成績を活用した飼養管理指導や搾乳機器の点検等の普及活動に日々励んでいます。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る