普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

北海道
田所由理恵

書店で有機農業マルシェを開催

2015.10.14

 北海道はその冷涼な気候の特徴を活かして、クリーン農業や有機農業を推進しています。
 特に、有機農業者は各地でネットワークによる研さんや情報交換を進めています。

 渡島と檜山の有機農業者で構成される「道南有機農業ネットワーク」は、今年初の取組として、『有機農業マルシェ』を函館市内の大型書店で実施しました。


blog_tadokoro58_1.jpg  blog_tadokoro58_2.jpg
左 :書店の一角に現れた「有機農業コーナー」
右 :コーナーの右手に有機農産物の販売、左手奥には有機農業を体験するコーナーを設置


 書店内の一角に設けられた有機農業コーナーには、有機農産物のマルシェと、有機農業に関する農産物や土壌・肥料等の展示物、DVD、書籍等が展示されました。
 会場を訪れた人達は、農産物を購入するだけではなく、有機農業を見て、触れて、香って・・・と、有機農業を体験し、学ぶことができました。


blog_tadokoro58_3.jpg  blog_tadokoro58_4.jpg
左 :親子で熱心に顕微を除く姿も見られました。
右 :有機農産物の販売コーナーにもたくさんのお客様が...


 そして、店内のレストランでは、これ! 
 有機農産物を使った「オーガニックプレート」です。お米、豚肉、各種の野菜・・・ほとんどが有機農産物で調理されたこのランチメニューは、1日30食限定で提供されました。
 "素材の味を感じられ、とてもおいしい"と好評の、このランチメニューは短時間で完売しました。


blog_tadokoro58_5.jpg
1日30食限定「オーガニックプレート」


 この書店でのマルシェは2日間開催され、有機農業ネットワークとしても、私達関係者としても、新しい発想での活動展開となり、当日出展した農業者も手応えを感じた2日間になったようでした。また、書店としても、この取組への評価は高く、これからの発展を期待される活動となりました。


 最後に、少し余談ですが・・・
 レストランやカフェのある"都会のおしゃれな本屋さん"に、"農家のイカツイ親父"は何とも言えず似合わなく(^^;)、「われわれ農業者側にもTPOに応じた顧客対応(?)が必要!」との話で盛り上がりました。今後、農業者側が学ばなければならないことは、農業以外の各方面に渡り、幅広くありそうです・・・(^^;)

田所由理恵

平成24年から檜山農業改良普及センター所属。25年度に高付加価値に係わる仕事に変わりました。北海道に新幹線が来るのも間近!北海道の入り口で地域農畜産物の付加価値向上に邁進します。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る