普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

北海道
田所由理恵

第2回 HIYAMA P1グランプリ!~その1~

2015.03.12

 今年度が第2回となる「HIYAMA P1グランプリ」(檜山南部地域産のメークインの料理コンテスト)。おかげさまで、全国から32点の応募がありました。ご応募いただいた皆様、本当にありがとうございました。


 応募締切は2月10日(火)だったのですが、実は...2月2日(月)のほぼ一週間前段階で、応募点数が0(ゼロ)!!! ひぃぃぃぃぃぃ~(>_<)

 締切ギリギリに提出しようと計画していた方も多かったのかもしれませんが、この段階で青ざめる関係者...(T_T) あわてて再周知、全道の普及員関係者・知人・友人に声をかけまくる人海戦術をおこないました。その結果、締切間近に「二桁(10点)は応募がありそう...」との読みだったのですが、結果は32点のうれしい"読み違い"。


blog_tadokoro43_1.jpg
32点の応募用紙は、ひとつにまとめただけでもずっしりとした重量感があります


 昨年の応募作品以上に、工夫にあふれたおいしそうなレシピが集まりました。今年は、10才の小学生から71才の女性まで、幅広い年齢層の応募がありました。

 また、実施のご案内に、「昨年の最優秀賞は道の駅での販売が取り組まれています」と記載したことが影響したのか、今年度の応募作品は、食べ歩きができそうな&手軽に食べられそうな軽食的な物が多いように感じます。


blog_tadokoro43_2.jpg  blog_tadokoro43_3.jpg
なごやかな雰囲気な中に、厳選な一次審査が行われました


 2月中旬、一次審査(書類審査)を実施。昨年度の経験を活かし、比較的スムーズな審査となりました。今回の一次審査通過した10点について、3月中旬に二次審査(実食審査)を行います。

 この後の経過は、後日「第2回 HIYAMA P1グランプリ~その2~」としてお知らせします。
 お楽しみに!!

田所由理恵

平成24年から檜山農業改良普及センター所属。25年度に高付加価値に係わる仕事に変わりました。北海道に新幹線が来るのも間近!北海道の入り口で地域農畜産物の付加価値向上に邁進します。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る