普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

北海道
田所由理恵

今年もやります! P1グランプリ

2014.12.25

 昨年度初めて取り組んで、その後さまざまな動きを見せている「HIYAMA P1グランプリ」。

 今年もやります! その名も「第2回 HIYAMA P1グランプリ」("そのままやんけ~!?"と、関西系のツッコミが聞こえる気がしますが...??)。


【第2回 HIYAMA P1グランプリ】
 ▼実施要領はこちらから
 ▼応募用紙はこちらから


 昨年度は、全国から応募頂いた37点の作品を一次審査、二次審査、入賞決定、報道。その後、地元イベントでのPR、入賞作品集の配付、生産組合による最優秀作品の販売、と展開しました。さらには現在、地元の道の駅での販売に向けた準備が進んでいます。


●H25年の様子
blog_tadokoro41_1.jpg  blog_tadokoro41_2.jpg
左 :テレビや新聞にも取り上げられ広くPRできました
右 :7月開催の巨大コロッケが印象的なイベントで、パネルによるPRを行いました


blog_tadokoro41_3.jpg  blog_tadokoro41_4.jpg
左 :10月開催のJA収穫祭で、生産組合が最優秀賞受賞作品を販売!
右 :その最優秀賞受賞作品の「厚沢部バーガー」。道の駅での販売準備が進められています


 昨年、「最低でも3年間は実施する!」の申し合わせで始めた取組です。料理コンテストをきっかけにした地域農業(地域産業)の振興をもくろんでいますが、2年目の今年はどんな動きに発展させることができるでしょう?


 とは言え、メークイン利用料理の応募がなければ何も始められません。
 「去年、応募したから今年は応募しなくてもいいよね?」
 「ダメ! ダメよ~ダメダメ! 今年も必ず応募してね!」(平成26年流行語大賞)~スミマセン、単純に使いたかっただけです (^^;)


 全国の皆さまのご応募をお待ちしています。
 どうぞよろしくお願いします。

田所由理恵

平成24年から檜山農業改良普及センター所属。25年度に高付加価値に係わる仕事に変わりました。北海道に新幹線が来るのも間近!北海道の入り口で地域農畜産物の付加価値向上に邁進します。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る