普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

北海道
田所由理恵

檜山の花き

2014.10.20

 水稲や畑作物に目が行きがちな檜山農業ですが、実は花き栽培も取り組まれています。面積はそう多くはありませんが、南部地域・北部地域でそれぞれ数種類の花きが生産されています。

檜山振興局農務課ホームページ参照
     

 その一つ、「テマリソウ」という花をご存じでしょうか?
 江差町・厚沢部町で栽培されているテマリソウは、手鞠のような、マリモのような、栗のイガ状の球形・モコモコのグリーンの花が特徴で、主役にはならないけれどブーケやアレンジに活用される、特徴的な花です。全道的にも生産している産地は少なく、どちらかというと"あまり知られていない"檜山の花です。
 「見たことはあるけど、これがテマリソウなの!?」という人が多いのではないでしょうか?


blog_tadokoro33_1.jpg
全体がグリーン一色になるテマリソウハウス


blog_tadokoro33_2.jpg  blog_tadokoro33_3.jpg
左 :一本一本を大切に調整して出荷します
右 :アレンジメントに花束に... 需要が高まっています


 もう一つ、最近はとてもメジャーになった「われもこう」です。
こちらも、江差町・厚沢部町を中心に栽培され、9~10月の秋の花として出荷が盛んです。


blog_tadokoro33_4.jpg
えんじ色に染まったほ場~秋の季節感を作り上げます


blog_tadokoro33_5.jpg  blog_tadokoro33_6.jpg
左 :家族そろって出荷調整
右 :"がく"の先まで色むらなく、鮮やかなえんじ色に仕上がりました!


 檜山の花きは地域農業を支える主要農作物ではないけれども、花一本一本に気を配る生産者と、生産者を支える関係者によって作り上げられて来ました。普及指導員の活動は華々しい"講習会開催!"というよりも日常の巡回指導の中での細かいサポートが中心になっていますが、こうした地道な支援が美しい花一輪を作り上げ、小さいながらも産地として継続・発展に繋がっているのでは...と思います。

 普及指導員の活動は、"主役にはならないけど、脇役として需要が高まっている"テマリソウやわれもこうのようなものでしょうか...?

田所由理恵

平成24年から檜山農業改良普及センター所属。25年度に高付加価値に係わる仕事に変わりました。北海道に新幹線が来るのも間近!北海道の入り口で地域農畜産物の付加価値向上に邁進します。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る