普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

北海道
田所由理恵

メークイン発祥の地の"巨大コロッケ!"

2014.08. 4

 以前紹介したとおり、北海道檜山地方は古くからの馬鈴薯の大産地です。

 毎年、7月第4土曜日(今年は7月26日開催)に厚沢部町で開催される「あっさぶふるさと夏まつり」では、「巨大コロッケ」が祭りの目玉イベントになっています。
 直径2.1mの巨大コロッケは、クレーン車でつり上げ特製鍋の油で揚げられます。


blog_tadokoro31_1.jpg  blog_tadokoro31_2.jpg
左 :特製鍋にクレーンでつり上げられた巨大コロッケが投入
右 :整列した油の一斗缶が壮観!


 ここ数年は天候や風の影響を受け、思うような仕上がりにならなかったコロッケですが、今年は「今までで最高!」と言われるくらい、こんがりキツネ色においしそうに仕上がりました。


blog_tadokoro31_3.jpg  blog_tadokoro31_4.jpg
左 :揚げ上がりました! 空飛ぶ巨大コロッケ!?
右 :重さ約300kgの巨大コロッケのできあがりです


 さらにステージでは、厚沢部町イメージキャラクター「おらいも君」の他、近隣町村のご当地キャラクターが登場して、『メークイン発祥の地 厚沢部町』を大いに盛り上げました!


blog_tadokoro31_5.jpg
前列左から、「おらいも君」(厚沢部町)、「だんしゃくん」(今金町)、等々...
メークインと男爵いもをイメージさせる、馬鈴薯の産地らしいキャラクターが印象的です!


 さて、メークインと言えば"HIYAMA P1"グランプリです(あれ?違いますか?)。
「巨大コロッケが印象的なこのイベントを利用しない手はないっ!!」と、この会場の一角にHIYAMA P1グランプリのコーナーを設置しました。

 当初の予定では、入賞作品を試食・PRする予定だったのですが、衛生面などの点から急遽試食は断念。PRパネルを掲示し、入賞作品は作品集を配付する等、地味ながらもPRを実施。

 巨大コロッケのインパクトに力を借りて、地域特産品の「メークイン」と「HIYAMA P1グランプリ」をしっかりPRしました。


blog_tadokoro31_6.jpg  blog_tadokoro31_7.jpg
左 :「HIYAMA P1グランプリ」パネルで紹介!
右 :受賞作品は作品週を手渡しで配付。子供連れの女性からは「作ってみる!」の声が聞かれました


 今年も「第2回HIYAMA P1グランプリ」を開催する予定です。
 北海道新幹線が開業する頃には、HIYAMA P1グランプリ入賞作品が地域の飲食店で提供されることをめざして、地道な活動は続きます(^^)

田所由理恵

平成24年から檜山農業改良普及センター所属。25年度に高付加価値に係わる仕事に変わりました。北海道に新幹線が来るのも間近!北海道の入り口で地域農畜産物の付加価値向上に邁進します。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る