普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

北海道
田所由理恵

HIYAMA P1グランプリ開催!

2013.12.24

 北海道檜山地方といえば、古くから「北の男爵、南のメーク」(※)と言われた馬鈴薯の大産地です。
  檜山北部地域は男爵いも、檜山南部地域はメークインが産地です


blog_tadokoro19-1.jpg


 しかしながら、「あの馬鈴薯産地に行くと、地域の馬鈴薯が味わえるよ! 馬鈴薯に関するお土産もあるよっ!!」という具体的なものがイマヒトツない...というのが、"大産地"にしては地域が盛り上がらない要因の一つです。

 そこで、このたび「HIYAMA P1グランプリ」なる、馬鈴薯料理コンテストを開催することになりました(P1の「P」はポテトのPです)。


 実は「北の男爵」は、今年3月に「今金男爵ポテサラごはん」なる取組を展開。
それを静かに見まもっていた「南のメーク」ですが、"平成27年には北海道新幹線がやってくる!!"
新幹線からレンタカーで檜山にやってきた時に、道路脇に「北海道メークイン発祥の地」や「おらいも君」の看板があるのに、このままでいいのか!?


blog_tadokoro19-2.jpg
おらいも君(メークインをモチーフにした厚沢部町のイメージキャラクター)
▼詳しくはこちら


 「いつやるの?」「今でしょ!!」(平成25年流行語大賞~活用させて頂きました)と、生産者・関係者とともに「まずはやってみよう」と進めています。


 この料理コンテストの先には、もちろん「地域で食することができる」「お土産が手に入る」 をめざしています。
 加えて、生産者と関係者だけではなく、地域の消費者、地域外の消費者みんなが

「檜山のメークイン? 知ってる知ってる!」
「今度檜山へ行ってみようと思っているんだよね(^^)」

という盛り上がりと「産地としても、もっとがんばる!」を期待 v(^^)v


 全国のみなさん! 年末年始にじっくり考えて、どしどしご応募下さい!
 もちろん日常食のレシピもOK! 最優秀賞には豪華(?)副賞が贈呈されます!


【HIYAMA P1グランプリ】
 ▼実施要領はこちらから (pdfファイル:76.7KB)
 ▼応募用紙はこちらから (wordファイル:91.7KB)

田所由理恵

平成24年から檜山農業改良普及センター所属。25年度に高付加価値に係わる仕事に変わりました。北海道に新幹線が来るのも間近!北海道の入り口で地域農畜産物の付加価値向上に邁進します。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る