普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

北海道
田所由理恵

水稲脱穀調査に稔りの秋体感!!

2013.10.17

 全道各地で稔りの秋を迎えている中、普及センターでは9月に収穫した水稲奨励品種決定現地調査ほ場等の、脱穀調査を行いました。
 前日の雨がウソの様な秋晴れ快晴の中、普及センター職員と振興局農務課担当者が100筆以上の調査区サンプルの脱穀調査を実施。ホコリにまみれながら、品種特性や生育の結果等を比較しながらの作業となりました。


blog_tadokoro14-1.jpg  blog_tadokoro14-2.jpg
左 :試験種類や品種など間違えない様に区分
右 :脱穀(奥)→唐箕(手前)


blog_tadokoro14-3.jpg  blog_tadokoro14-4.jpg
左 :籾すり / 右 :計量


 この調査は、収量や品質等の成績・食味等を総合的に判断し、今後の導入品種決定につながって行きます!


 余談ですが...
 一連の作業の流れの中で、一番最初の作業「脱穀」を担当した当普及センターのH調整係長。
当日の体調不良に加えてホコリ対策のためのマスク・眼鏡、目深にかぶった帽子...どう見ても"押し込み強盗"!!
 普段から親交の深い振興局農務課の関係者も、一瞬 ギョッ! としていたのを、私は見逃しませんでした(^O^)
 

blog_tadokoro14-5.jpg
脱穀作業を担当したH調整係長。「手をあげろ!」と言われそう...??(^^;)

田所由理恵

平成24年から檜山農業改良普及センター所属。25年度に高付加価値に係わる仕事に変わりました。北海道に新幹線が来るのも間近!北海道の入り口で地域農畜産物の付加価値向上に邁進します。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る