普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

北海道
田所由理恵

目を凝らして... 水稲稔実調査

2013.09.24

 町・JA・共済組合・普及センターなどの関係機関で組織される「檜山南部地区営農推進連絡協議会」で、今年度の水稲稔実調査を実施しました。

 今年度の調査品種は「きらら397」「ななつぼし」「ふっくりんこ」の3品種(全62点)。
株ごとに総籾数と不稔粒数を数え(その差が稔実粒数)、今年度の収量予想に活用するとともに、品種ごとの統計データとして蓄積しています。


 2日間に渡ったこの調査には、各日13~14名の関係者が携わりました。
 株から稲穂を1本ずつ外し、粒の数を数えて行きます。
 シーンと静まりかえった会議室に「2.4.6.8...」「5.10.15.20...」等とブツブツつぶやく声、人によってはカウンターの音を遠慮がちに響かせ、皆"寄り目"になりながら、真剣に調査を行いました。


blog_tadokoro11-1.jpg  blog_tadokoro11-2.jpg
静まりかえった会議室で、ブツブツつぶやきながら目を凝らします...


今年の調査結果は、総籾数・稔実歩合ともに平年並みとなりました。
まずまずの結果に、今年の出来秋が期待されています!

田所由理恵

平成24年から檜山農業改良普及センター所属。25年度に高付加価値に係わる仕事に変わりました。北海道に新幹線が来るのも間近!北海道の入り口で地域農畜産物の付加価値向上に邁進します。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る