普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

北海道
田所由理恵

試験実施農家と共に試験成績を検討!

2013.01.30

 新年明けて間もない1月17日、普及センターで「平成24年度試験成績検討会」を開催しました。
 平成24年度、普及センターが農業者の皆さんとともに行った栽培技術に関する試験は、大小合わせて約40課題。この中から8課題の試験結果について発表し、意見交換を行いました。

 出席者は、試験ほ設置農家・指導農業士・関係機関・普及センターなど40名。実際に栽培・管理を行った設置農家から感想や意見を、全体からは普及性や今後の取組計画などの発言があり、熱心な意見交換が行われました。



試験成績について発表( 写真 :「馬鈴しょ施肥改善」星調整係長)


  
左 :真剣に耳を傾ける出席者の皆さん
右 :熱心に意見が交わされました


 ところで、この検討会の前段、24年産米の食味比較を行いました。
 この日は地域で生産された「ななつぼし」「ふっくりんこ」「ゆめぴりか」「空育172号(銘柄はこれから決まります! どんな銘柄になるかお楽しみに!!)」の4品種について、品種名を伏せてつや・ねばり・硬さなどを、参加者全員が評価しました。

 全神経を目と鼻と舌に集中して品種の特徴や違いをとらえ、真剣に判断。その後、水稲担当者から、品種紹介と栽培状況や課題などを説明しました。
 こうした取組により、北海道米はどんどんおいしくなっています。
 全国のみなさん、北海道米をぜひご賞味下さい!! (最後はPRになってしまいました(^^;))


  
左 :米の食味比較を実施
右 :「色は?つやは?」「ねばりは?味は??」



結果報告と品種紹介(中央 :福屋地域係長)

田所由理恵

平成24年から檜山農業改良普及センター所属。25年度に高付加価値に係わる仕事に変わりました。北海道に新幹線が来るのも間近!北海道の入り口で地域農畜産物の付加価値向上に邁進します。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る