普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

北海道
田所由理恵

女性農業者、がんばる!! <後編>

2013.01. 7

~檜山の普及指導員もがんばる!!!~


 前回紹介した「檜山農村女性フォーラム」の後編です。

 このフォーラムは、檜山農村女性グループネットワークが主催で、前回紹介した郷土食はネットワークに加入する各グループのみなさんが出品したものです。
 その列に、異色の1グループが!!


 名札に「男組」と書かれたこのグループは、実は農業改良普及センターと振興局の担当職員により組織(?)されたグループで、当日は「鹿肉ハンバーグ」を出品!



左から3名が普及指導員(佐々木主査、浦部主査、立野専門普及指導員) 右が振興局農務課 原農業経営係長


 「鹿も地元の食材!?」と思われるでしょうが、北海道では全道的に野生のエゾシカが増加し、農作物への被害が大きくなっているのが現状です。
エゾシカ駆除の取り組みとともに、活用についても、各地で進んで来ています。


 この日出品された鹿肉ハンバーグは、グループネットワーク会員の提供とのことで、"男組"は「オレたち焼くだけ...!(^^)!」と言いながらも、慣れた手つきで(単身赴任生活の成果!?)鮮やかに、焼いて提供→説明して焼いて...と、見事なさばきっぷりでした。



ハンバーグを焼きながらトマトソースの説明(3人、息が合ってます~手の動きが一緒!)


 その鹿肉ハンバーグは、鹿肉の臭みを消し、しかしながら、豚肉でも牛肉でも味わえない独特の風味をいかし...と、なかなかの一品! 添えたソースも地元産トマトをベースに手作りのオリジナルソースで、参加者にとても好評でした。
 日ごろ手にしている水稲や畑作物をフライ返しに持ち替えて、農村女性グループネットワークとともに奮闘した、普及指導員達でした(*^_^*)


▼檜山農業改良普及センターのホームページにも掲載しています

田所由理恵

平成24年から檜山農業改良普及センター所属。25年度に高付加価値に係わる仕事に変わりました。北海道に新幹線が来るのも間近!北海道の入り口で地域農畜産物の付加価値向上に邁進します。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る