普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

北海道
田所由理恵

高校生のインターンシップ

2009.07.23

高校生のインターンシップに、さわやかな風&ちょっぴり緊張!


 我が普及センター管内唯一の農業高校「北海道静内農業高等学校」は、日本一の軽種馬生産地である地域特性を活かす教育を目指し、食育や地域食材に付加価値をつける活動を行っています。
 普及センターは、「校内スクールプロジェクト計画発表会」「校内実績発表会」等で審査員を務めるなど、関わりを持って活動をしています。

 さて、その農業高校の学生2名が、普及センター勤務を体験しました。学習内容や進路に関連した職場体験(インターンシップ)として3日間、定期農作物生育状況調査や、巡回指導など現地活動の他にも、土壌診断データの集計等指導準備にも従事。2人ともとても熱心に取り組み、また、農家の方々との会話からも得る物が多かったようでした。


  
現地指導で生産者からの聞き取り


  
軽種馬草地調査


 3日間を終了して2人は、「地域農業のことは全く分かっていなかった。思っていた以上に勉強になりました」と、高校へ戻っていきました。将来は、軽種馬関係の仕事を希望するというこの2人。今回の経験を活かして、彼らの思う道へ進んで行ってほしい…と思います。



土壌診断データの集計


 ところで、この3日間、普及センター内に妙な緊張感が漂っていました。
「おはようございます!」「よろしくお願いします!」そう広くない事務室に響き渡る、大きな声。返事も「はいっ!」「失礼しますっ!!」 …とにかくキレが良い。

 “ウチの子もあんな風にキチンとできるのか?”は、同年代の子供を持つ職員から、“自分も若い頃はああだっただろうか?”これは若い世代の職員の言葉。自分を、自分の子供を振り返り、反省し、今後に…? 


 フレッシュな若者達のさわかな風を受け、我々職員も、いろいろな想いを感じた有意義な3日間でした。


(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

田所由理恵

平成24年から檜山農業改良普及センター所属。25年度に高付加価値に係わる仕事に変わりました。北海道に新幹線が来るのも間近!北海道の入り口で地域農畜産物の付加価値向上に邁進します。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る