普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

北海道
田所由理恵

“お馬の親子”を支え育てる女性の影

2009.06. 5

 私の勤務する北海道日高地方は、軽種馬生産が盛んな地域です(4月のページも見て下さいね)。4月に産まれたかわいい「とねっこ(仔馬)」も、日に日に大きくたくましくなってきました。

 さて、そのとねっこ、立派な競走馬となる最初の試練(!?)が「人に慣れる」ことです。そのための講習会が先日行われました(もちろん仔馬に対してではなく、人間に対してですよ!!)。


 この講習会、JRA日高育成牧場の協力を得て、「日高女性軽種馬ネットワーク」が主催。5月8日にできたてホヤホヤの組織です。“軽種馬は命を育む仕事”“自分の子供を育てるように仔馬も育てて…”を自負する、約30名の女性農業者が集いました。

まずは座学で学びます  母馬から搾乳。pH&糖度を計ります
左 :まずは座学で学びます / 右 :母馬から搾乳。pH&糖度を計ります


 母馬の乳汁のpH&糖度で分娩予定日を予測、仔馬は出生後なるべく早く触れて刷り込みを行う、しつけはオンとオフ、とにかく触りまくる(変な意味じゃないですよ~)と、「仔馬のしつけと扱い方」をテーマにした研修は、そのまま人間の子育てにも活かせそうな内容です。実際に馬をモデルに、疾病や障害、引き馬の方法等、座学と実習を組み合わせながら講習が行われました。


障害や疾病も実際に馬に触るとよく分かります  引き馬の方法の実習。背景の桜がさわやかです  
左 :障害や疾病も実際に馬に触るとよく分かります
右 :引き馬の方法の実習。背景の桜がさわやかです


 軽種馬生産に係わる女性達は、学ぶ機会が少ない、と昨年度から始まったこの取組。各関係機関の協力を得て、日々充実の一途をたどっています。

 今年度は思いをひとつにする女性達が集まり、ネットワーク組織を旗揚げしました! これからこの組織と活動が充実し、日高の重要な産業である軽種馬の振興が図られる未来が、目に見えるようです(言い過ぎですか??)。

 普及センターも、日高の軽種馬振興に一役買えるように、各関係機関と手を繋ぎ力を合わせながら、影に日向にこの女性達の活動をサポートしていきます!(最後は決意表明になってしまいました…)


(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

田所由理恵

平成24年から檜山農業改良普及センター所属。25年度に高付加価値に係わる仕事に変わりました。北海道に新幹線が来るのも間近!北海道の入り口で地域農畜産物の付加価値向上に邁進します。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る