普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

北海道
田所由理恵

季節でクルマも衣替え!

2009.04.21

 4月も中旬になり、春の日差しが日に日に強くなって来ました。

 そんなある日、一台を残して、普及活動と私達の命を守る(?)公用車のタイヤ交換を一斉に行いました。我が普及センターには8台の公用車があります。職員一同(所長も!)で、冬用から夏用へ、タイヤとワイパーを交換。交換したタイヤは洗って保管します。
 農業機械の整備点検&コスト低減を進める普及センターですから、公用車の整備点検&安全使用によるコスト低減にはぬかりはありません!(…疑ってますか??)。


  
    

 安全運転はもちろんですが、燃費の差を考慮した班への配車、こまめな点検、表技&裏技(?)を駆使して、普及センターを上げての安全運行とコスト低減に取り組んでいます。


 ところで、このタイヤ交換、実は自動車運行のOJT研修にもなっています。エンジンルームを開けて、点検の「いろは」や、公用車ごとの特徴や注意点と、車に関する予備知識まで、以前から勤務する職員から転入者へと引き継がれていきます。

 たかがタイヤ交換、されどタイヤ交換・・・。私達の活動には色々な面からも、欠かせない一つの行事です。これから、夏の装いになった公用車で、事故なく普及活動を進めていきたいと思います。



 タイヤ交換が終わった日の夜、気温はマイナスとなり、札幌市では雪が降るという空模様となりました。残した一台の交換はもう少し先になりそうです。

(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

田所由理恵

平成24年から檜山農業改良普及センター所属。25年度に高付加価値に係わる仕事に変わりました。北海道に新幹線が来るのも間近!北海道の入り口で地域農畜産物の付加価値向上に邁進します。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る