普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

長野県
平谷敏彦

花の立毛品評会が開かれました

2013.06. 5

 4月の異動で諏訪農業改良普及センターの勤務となりました。
 ちょうど20年前に5年間在籍した職場で、当時も花の担当をしていましたので、土地勘や農家は知っている方が多く、比較的スムーズに仕事に取り組むことができています。


 さて、さる5月31日、JA信州諏訪及び同花き専門委員会主催による、花きの立毛品評会が開催されました。以前から続く伝統ある品評会で、今年で39回目を数えます。
 今回はカーネーションとバラが対象品目でしたが、これから12月までそれぞれの品目の開花時期にあわせ、計5回の審査会が予定されています。


カーネーション審査中.jpg  バラの審査中.jpg
左 :カーネーション審査中 / 右 :バラの審査中


見事な生育.jpg  スターチェリー.jpg
左 :見事な生育 / 右 :スターチェリー


 諏訪地域は高標高を利用した花き生産が盛んで、花色の良さや品質、日持ちなど評価も高く、栽培者のレベルも高い地域なので、今回出品されたほ場はいずれも素晴らしい出来でした。
 今回の品目に加えキク、スターチス、トルコギキョウ、宿根カスミソウ、リンドウなどが順次出荷時期を迎えます。

平谷敏彦

25年4月から諏訪農業改良普及センター勤務、20年ぶりに戻ってきた職場です。慣れない次長職で事務に追われる毎日ですが、花の現場に出ると元気をもらえます。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る