普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

長野県
平谷敏彦

トルコギキョウの視察に行ってきました

2012.09.12

 以前にも紹介しましたが、塩尻市の考える農業塾花き部門(名前は大げさですが中身は学習グループです)のみなさんと、隣の普及センターの管轄である、木曽のトルコギキョウ栽培農家を訪問しました。



見事な出来のトルコギキョウ


 私自身は専門技術員時代からのお付き合いで、その頃から大変品質の高いものを栽培されている方で、今年の出来も期待に違わぬすばらしいものでした。訪問した塩尻の農家のみなさんも、生育の揃いの良さ、ボリューム、花色など、その品質の高さに驚いたようすで、盛んにメモを取ったり質問したりしていました。


  
左 :管理方法を熱心に質問 / 右 :熱心にメモを取る参加者


 日頃、われわれ普及指導員からのアドバイスや仲間内だけの相談では得られない刺激を受け、今後の栽培管理に生かしてもらえる、有意義な視察研修だったと思います。

 塩尻市のトルコギキョウも抑制作型が出荷期を迎え、需要期であるお彼岸に向け、徐々に出荷量が増えていく予定です。

平谷敏彦

25年4月から諏訪農業改良普及センター勤務、20年ぶりに戻ってきた職場です。慣れない次長職で事務に追われる毎日ですが、花の現場に出ると元気をもらえます。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る