普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

長野県
平谷敏彦

トルコギキョウの巡回指導会

2012.06.19

 トルコギキョウは長野県を代表する切り花品目ですが、6月18日、塩尻市の農家の皆さんを対象に巡回指導会が開催されました。
 今回のテーマは側枝の整理。現在長野県では、全農長野さんを中心に、県下JA統一した規格で出荷する動きがありますが、今回はその規格に沿った側枝整理の方法をみんなで検討しました。


 日ごろ、普及指導員の資料は字が多くて難しい、との指摘を受けることがあります。
私もどちらかというと、手っ取り早く字で埋めた資料を用意しがちですが、今回はちょっとがんばって、農家の皆さんにわかりやすい図を用意して、指導会にのぞみました。



労作? 


  
左 :みんなで芽整理の実習中 / 右 :順調な生育です


 暑いハウスの中でしたが、私の説明を聞いた農家の皆さんは熱心に実習に取り組んでいました。
今日側枝整理をしたトルコギキョウは、7月中旬から出荷が始まります。

平谷敏彦

25年4月から諏訪農業改良普及センター勤務、20年ぶりに戻ってきた職場です。慣れない次長職で事務に追われる毎日ですが、花の現場に出ると元気をもらえます。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る