普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

長野県
平谷敏彦

グラジオラスの新品種特性調査

2011.08.25

 管内では山形村を中心に、グラジオラスの栽培が順調に増加しています。
 4~5月に定植して旧盆を中心に出荷する普通作型と、6月に定植して秋のお彼岸を中心に出荷する抑制作型が中心です。
 花の世界では、新品種の導入が産地育成の重要なポイントとなるため、毎年新品種を導入して、普通作型と抑制作型の2回に分け、この地域に合うかどうかの特性調査を実施しています。



グラジオラス栽培風景


 今日は、このうち普通作型で試験している11品種について、開花の早晩性、花の色と形、草丈、病害虫の有無などを中心に調査しました。
 毎年試験をしても、現在の主力品種より優れた特性を有する品種は少ないわけですが、この中から数品種は来年産地に導入されることになりそうです。


  
左 :品種展示ほ  / 右 :有望な新品種
   

平谷敏彦

25年4月から諏訪農業改良普及センター勤務、20年ぶりに戻ってきた職場です。慣れない次長職で事務に追われる毎日ですが、花の現場に出ると元気をもらえます。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る