普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

徳島県
吉原 均

いちご炭疽病対策その後

2010.03. 9

 今回は、イチゴの炭疽病対策についての話題です。以前も書きましたが、徳島では「親株の簡易検定」という手法を使って、早期に、この病気にかかったイチゴを排除する取り組みを行っています。

 数年前に猛威を振るった「炭疽病(たんそびょう)」ですが、最近はちょっと落ち着いてきています。当センター担当者の山本さんと私は、「これが簡易検定の効果なのか~!」「カビまみれで頑張った甲斐があった~」と喜んでいたのですが、実はハッキリと分からないので、ちょっとがっかり。近年は台風も来ていないし、雨も少ない、炭疽病まん延の条件がそろっていないだけ、という説もある一方、生産者からは「絶対に効果はある! 今後もお願いします。」という、号泣モノのお言葉も。どのみち、この病気に強い新品種が育成されるまでは、簡易検定や株元灌水で対抗するしかないようなので、カビ臭い葉っぱとの格闘は、まだまだ続きそうです。

 今は簡易検定のシーズンに突入中。今日も山本さんとともに、ばっちりマスクして、のぞんでいます。検定の効果でも天候のおかげでも、どっちでもいいから、今年も炭疽病があまり発生しませんように!


  
左 :炭疽病が発症したイチゴ。枯れます・・・。
右 :私たちが格闘しているカビカビの葉っぱです。お見せするのがためらわれるので、ちょっとボカシときます(逆効果?) 


  
左 :「炭疽病バスターズ(もちろん自称)」のメンバー、山本さん。検体が山積みです~♪
右 :同メンバーの私。カビ対策には気を遣ってます。ちなみにこのチーム、メンバーは2人だけです。がんばります! 

吉原 均

徳島県美波農業支援センターの吉原均です。野菜・作物担当で「きゅうり」、「いちご」、「水稲」、「藍」を担当しています。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る