普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

徳島県
吉原 均

“ウェル○め”よりもっと南で

2010.02. 4

 昨年1回目のネタが「藍」で、最後のネタも「藍」だったので、今年一回目もやっぱり「藍」でいきます!←開き直り


 さて、今回は当センターの管轄を飛び出して、海陽町(かいようちょう)へ出張してのお仕事です。海陽町は、某連続ドラマの舞台、美波町(みなみちょう)よりずっと南、徳島県の一番南の町です。そこで藍に関する講演をして欲しいという依頼を受けたのです。

 そもそも藍は、歴史的に見ても、県北の吉野川流域が産業の中心で、それは現在でも変わっていません。海陽町には特に藍との関わりはなかったと思うのですが・・・。なぜ私が呼ばれたのでしょうか?
 実は現在、地元の繊維関係メーカー、農業者などが連携して、藍を使った農商工連携の取り組みを模索しているからなのです。構想には、地元産の鶏糞堆肥を活用することも組み込まれていて、地域資源の利活用といったテーマにも沿った形となっています。実現すれば、新しい形の藍産業が展開されることになるでしょう。


 当日は、地元商工会館で、15人程を相手に1時間半ほどしゃべり続けましたが、最後まで熱心に聞き入っていただき、たいへん話しがいがありました。いつも思うのですが、藍の話って、農業関係者よりも商工関係者の方が熱心なんですよね~。
右 :講演の様子。声が枯れました


 さて、講演の後は、鶏糞堆肥の製造工場へ見学に行きました。
 まず始めに、原材料(鶏糞です)が積み上げてある倉庫に案内されました。倉庫の大扉が開けられると、見学者が一斉に涙を流します。鶏糞の山に大感激! ・・・ではなくて、あまりのアンモニア臭で、涙が止まらないのです。押し寄せる気体の圧力を、生まれて初めて体感! 写真を撮る余裕すらありませんでした・・・。
 その後は製造ラインにそって見せていただきましたが、完成品はそれほど臭いもなく、いい感じの堆肥になっていました。これで藍を栽培するとどうなるのか? この春から試作予定だそうです。

 海陽町における藍に関する取り組みが実現できるように、今後も微力ながら、協力させていただきたいです。


  
左 :堆肥製造ラインを見学しました。防護服ばっちりでしたが、やっぱり臭いが服に染みました・・・
右 :鶏糞堆肥完成品。臭いはかなりマイルドになっています。しかし原料段階の臭いのすごさと言ったら、もう! ・・・あの時流した涙は忘れません!

吉原 均

徳島県美波農業支援センターの吉原均です。野菜・作物担当で「きゅうり」、「いちご」、「水稲」、「藍」を担当しています。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る