普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

徳島県
吉原 均

男女(とも)に築く豊かなくらしフォーラムが開催されました

2009.10.16

今回はイベントのレポートです。
10月9日に「男女(とも)に築く豊かなくらしフォーラム」が開催されました。
男女と書いて「とも」と読ませる、なかなか凝ったネーミングでしょう?地域の農漁業者など200名近い参加のもと、事例発表や講演会、特産品・加工品等の展示が行われました。

 当センターは、何日も前から職員総出で企画・サポート。私も展示パネルのデザイン・作成を担当して10枚ほどのパネルを作り、写真撮影や会場設営もお手伝いしました。
 私はポスターデザインとか、わりと好きなんですが、10枚も作るとさすがにネタ切れで、才能の限界を感じ、プロのデザイナーさんってすごいなぁ、などと妙な感慨に浸ってしまいました。



左 :とくしま安2農産物認証制度展示例その1 いちごはまだありませんので、可愛いぬいぐるみが代役です。詳しくはこちらの農園のHPへどうぞ。 
中 :展示例その2 「なし」 
右 :展示例その3 「れんこん」

後ろに見えるパネルはすべて私作です。がんばりました!


 さて事例発表では、JA里浦青年部部長の原田さんがカンショのブランド「里むすめ」における取り組みを紹介、また、鳴門市の東大幸(ひがしだいこう)エコファーマーズ女性部長の齋藤さんが、女性部で行った全国でのれんこんPR活動などを紹介しました。そして、認定農業者を代表して、板野町の(有)犬伏商店の犬伏さんが、漬物原料の生産・一次加工における取り組み等を紹介しました。


 基調講演では、(株)都築経営研究所の都築冨士男先生から「食糧・農漁業・流通事情とこれからの企業経営」と題して、最新の流通情勢を全国での成功事例や、ローソンジャパン社長時代の体験談等を交えて、分かりやすくお話しいただきました。

 展示コーナーでは、県独自の認証制度である「とくしま安2(あんあん)農産物認証制度」取得者のパネルや加工品の展示・試食が行われ、大変賑やかなイベントになりました。
 たまにはこんなイベントの仕事も楽しいものです。



左 :大勢の人が熱心に聞き入っていました。
中 都築先生による基調講演
右 :大賑わいだった試食コーナー


(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

吉原 均

徳島県美波農業支援センターの吉原均です。野菜・作物担当で「きゅうり」、「いちご」、「水稲」、「藍」を担当しています。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る