普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

徳島県
吉原 均

れんこんで染めよう!

2009.09.11

 食べるだけが農業じゃない!
 みなさん、れんこんで布が染められるってご存じでした? いわゆる「草木染め」というやつです。
今回は、PR商品作りのために行った、実験の様子をレポートします。


 煮出す時間や薬品の濃度などが多少(?)いい加減で、「男の料理」っぽくなってしまいましたけど、後継者の方も参加して、ワイワイにぎやかな実験になりました。

 使うのは「れんこんの葉」。これをちぎって、大きなステンレス製の鍋で煮出します。鍋はステンレスかホーローがベスト。草木染めは多くの場合、布に染みこんだ色素を金属イオンで発色・定着させる「媒染」を行うのですが、もし鍋が鉄や銅でできていると、溶けだしたイオンの影響を受けてしまうからです。


  
葉っぱを細かくちぎって、鍋で煮出します。ちょっと変わったにおいがしますが、気にしない!
頭にタオルを巻いているのは後継者の方。手前は高度支援センターの沢田さん。れんこん激ラブの熱い男です。
 


  
左 :染色液が出来たら布を入れます。ムラにならないように良く動かして  
右 :ミョウバンを溶かした媒染液に入れます。濃度は・・・なんだかんだで結局適当になってしまいました!
    


 さて適当に煮出したら、葉を取り出して布を入れ、しばらく液中で泳がせて、色素をムラなく染みこませます。
 布を取り出して、アルミや鉄といった金属イオンが溶けた液に入れます。するとアラ不思議! アルミなら黄色、鉄ならグレーに発色します。化学染料には無いやさしい色合い。お試しあれ!


  
左 :それでもきれいな黄色に染まりました!写真は当センターれんこん担当の圓藤さん
右 :なんだか昔の映画のタイトルを彷彿とさせる光景です。色の濃さがバラバラなあたりが「男の料理」。中には汚れたゾーキンにしか見えないような色も・・・。「まぁ、こんなもんかな!」  れんこんのPRに使えるかどうか、今後も挑戦は続く!?
 


(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

吉原 均

徳島県美波農業支援センターの吉原均です。野菜・作物担当で「きゅうり」、「いちご」、「水稲」、「藍」を担当しています。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る