普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

徳島県
吉原 均

れんこん新品種育成への取り組み

2009.04. 9

 今回は「れんこん」の話題です。ちょっと数字は古いですが、平成18年産の徳島県栽培面積は559haで、茨城県の1,590haに次いで全国第2位。出荷量においても、この2県で全国の約6割を占めています。


 みなさんはこの2大産地のれんこんの違い、ご存じでしょうか。
 それは形。関東では団子がつながったような形が好まれるのに対し、関西では細長い形が好まれるため、作っている品種が全く違うのです。

 徳島でメジャーな品種は「備中」。収量が多く、れんこんの形状も美しい品種です。しかし晩生種であるため、れんこんが太る頃に台風の被害を受けやすく、また、腐敗病という病気にあまり強くないという欠点もあります。

 そこで徳島県では、備中に代わる新品種の育成に取り組んでいます。私は研究部門にいた頃、れんこんの育種にも携わっていたので、今でも時折検討会などに出席しています。今回は生産者の方やJA等が参加する選抜作業に加わりました。


選抜作業前の打ち合わせ  交配した種子から育てて1年目のれんこんがズラリ。こちらは後日選抜するそうです
左 :選抜作業前の打ち合わせ / 右 :交配した種子から育てて1年目のれんこんがズラリ。こちらは後日選抜するそうです


今回は2年目のれんこんについての選抜です  今回一番評価が高かったれんこん。今後さらに規模を広げて選抜が行われます
左 :今回は2年目のれんこんについての選抜です/ 右 :今回一番評価が高かったれんこん。今後さらに規模を広げて選抜が行われます


 選抜とは、交配して出来たものの中から、優良なものを選び出すことを言います。
 経験がモノを言う作業ですが、研究所には、れんこんの善し悪しが分かるだけの経験を持った研究者がいないため、生産者の方達にご協力いただいています。とはいえ、畑で育ったものと小さな容器で育ったものでは、だいぶ様子が異なります。みなさん苦戦されていました。
 が、その甲斐あって、無事に次の段階に進むれんこんを選抜することができました。

 このように、れんこんの新品種育成には現場と普及、研究機関が一体となって取り組んでます。いつの日か必ず、新しい品種がみなさんの食卓に上ることでしょう。ご期待下さい!


(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

吉原 均

徳島県美波農業支援センターの吉原均です。野菜・作物担当で「きゅうり」、「いちご」、「水稲」、「藍」を担当しています。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る