普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

埼玉県
鈴木知子

人事異動、そしてお引越し

2009.03.30

 春。公務員にとっては人事異動の時期です。
 埼玉県では、「県民1万人当たりの県職員数日本一の少数をさらに拡大する」という上田知事の公約により、人員削減が進められています。

 農業就業者人口や農業産出額が減っていることもあって、とりわけ農林部には風当たりが強く、どんどん、順調に(!)削減が進んでいます。さいたま農林振興センターでは組織の改編により、現在24名いる普及指導員が4月から21名に減ることになっています。


今日は、新年度の体制に備えて、所内の机の移動を行いました。他の事務所へ転勤になった人の引っ越し準備と重なり、ワサワサした落ち着かない1日となりました。


本棚を移動するためいったん取り出した書籍の山 机を移動するためとりあえず束ねた個人の書類。私の上司、森部長のもの。早く片づけてくださいね
左 :本棚を移動するためいったん取り出した書籍の山 / 右 :机を移動するためとりあえず束ねた個人の書類。私の上司、森部長のもの。早く片づけてくださいね


机を運ぶ男性陣。カメラ目線は本日の引っ越しの指揮官、万田部長 机の隙間のホコリを掃除しながら作業が進む。後ろ姿ですみません、日野主任 唯一の男性平職員、平井主任
左 :机を運ぶ男性陣。カメラ目線は本日の引っ越しの指揮官、万田部長 /
中 :机の隙間のホコリを掃除しながら作業が進む。後ろ姿ですみません、日野主任 /
右 :唯一の男性平職員、平井主任


 私のいた「技術普及担当」はこの3月でなくなり、所内異動することになりました。
 4月からはさいたま市の花植木担当として新たなスタートを切る予定です。

 昨年夏から続けてきたブログの執筆でしたが、私の担当期間はこれで終わりとなりました。
 拙い文章と写真ではあるものの、普及指導員の仕事の幅広さとおもしろさ、そして、農業者に寄り添い支援することで、地域の農業振興を図っていくこの仕事の重要性を、少しは伝えられたのではないかと自負しています。
 おつきあい頂きまして、ありがとうございました。


(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

鈴木知子

埼玉県さいたま農林振興センター普及部の技術普及担当で、主に花植木と経営を担当しています。 埼玉県では女性農業改良普及員の1期生です。 農家と、若手の普及指導員が、夢を持って活動できるように支援していきたいと考えています。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る