普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

埼玉県
鈴木知子

4Hクラブの研究大会準備

2009.01.21

4Hクラブとは、若い農業者が所属して、仲間づくりや情報交換、地域活動や研究活動、時にはレクリエーションなども行う集団です。
 管内には安行、さいたま、岩槻、新座の4つのクラブがあります。いずれもこれからの地域・農業の担い手であるため、重点的な指導対象となっています。

 毎年1月下旬に、各クラブの1年間の研究活動を発表する、青年農業者研究大会が開催されます。
 安行4Hクラブからは、「ヒメイワダレソウを活用した雑草抑制について」を発表します。パワーポイントを使った発表を行うためには、パソコンを使った資料作成や発表の練習が必要です。

原稿を読む発表者(右)と、パソコンの操作をする補助者。補助者は来年の発表者になる
原稿を読む発表者(右)と、パソコンの操作をする補助者。補助者は来年の発表者になる

 発表者の坂口さんと補助者の吉澤さんには何度か普及部に来てもらい、担当の佐藤普及指導員が一緒に準備を進めていましたが、任期切れで昨年10月に退職したため、最後の仕上げと練習を私が手伝いました。

 各普及部で行われる研究大会は、県大会への予選を兼ねています。どんな結果になるかか、楽しみです。


スライドをスクリーンで確認しながら発表の練習  発表者と一緒に原稿の推敲を行う
左 :スライドをスクリーンで確認しながら発表の練習 / 右 :発表者と一緒に原稿の推敲を行う


(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

鈴木知子

埼玉県さいたま農林振興センター普及部の技術普及担当で、主に花植木と経営を担当しています。 埼玉県では女性農業改良普及員の1期生です。 農家と、若手の普及指導員が、夢を持って活動できるように支援していきたいと考えています。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る