普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

埼玉県
鈴木知子

直売所にダリアを

2008.12.10

 700万人を越す県民が住む埼玉県。消費者が農業者と隣接している状態であるため、直売による地産地消が盛んです。農業者にすれば市場に出すほどの量がなくても自分で値段を付けて売ることができ、消費者にすれば新鮮な農産物が安価で入手できると双方にメリットがあるからです。


 来年度、新座市に新たに直売所ができることになりました。
 市内で切り花を生産する橋田氏から、「今度ダリアを導入して生産品目を増やしたい、ついてはダリアを生産している様子を見て勉強したいのでどこか紹介して欲しい。」との問い合わせがありました。そこで川口市内で大規模にダリアを作っている藤波氏を紹介しました。

次々に花が上がるダリアほ場  ピンチの位置を説明
左 :次々に花が上がるダリアほ場 / 右 :ピンチの位置を説明


 藤波氏は県農業大学校を卒業後、東京の市場に2年勤めました。就農して3年目の25才です。
 母校である大学校の研修生受け入れ農家に立候補するなど積極性があり、農業に熱心に取り組んでいます。お父さんとともにダリア、ユリ、ボケ、キンギョソウなどを作っていますが主力はダリアで、市場で高く評価されています。

 訪れた橋田氏に、球根を植え付ける間隔からピンチ(枝を増やすため摘心する)の仕方、球根の分け方、切り前(どのぐらい咲いたときに収穫すればよいか)など丁寧に説明してくれました。

球根を掘り上げ、分け方を説明
球根を掘り上げ、分け方を説明

 川口市、さいたま市の特産であるダリアが新座市でも楽しめるようになりそうです。


(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

鈴木知子

埼玉県さいたま農林振興センター普及部の技術普及担当で、主に花植木と経営を担当しています。 埼玉県では女性農業改良普及員の1期生です。 農家と、若手の普及指導員が、夢を持って活動できるように支援していきたいと考えています。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る