普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

埼玉県
鈴木知子

豪華な知事公館で

2008.11.27

 普及指導員の研修に、専門項目毎に担当者を集めて行うものがあります。私は花植木が専門なので、先日行われた「花植木専門研修」に参加してきました。
日の丸と埼玉県旗が知事公館らしい。あいさつをする高橋副課長。向かって右が講師の鈴木氏
 他の会議室が取れなかったためなのでしょうか。今回の研修は、知事公館という立派な場所で行われました。立派な場所でやっても、中身にそう替わりはありませんでしたが(笑)。写真右 :日の丸と埼玉県旗が知事公館らしい。あいさつをする高橋副課長。向かって右が講師の鈴木氏


 前半は、「花き経営・産地における今後の普及活動」というテーマで、県内10普及部が事前に作成した資料を提出して説明しました。生産技術より、市況低迷下での販売促進、経営改善支援、生産者(後継者)の確保といった点に課題が多いとの声が出されました。

後半は、「プランニング&プレゼンテーションの勘所」と題した講演会で、講師は株式会社JAMM取締役の鈴木肇氏でした。

 「普及指導員の活動として、これからは販売力の強化に重点を置くべきである」
 「税収アップのため地域の経済支援を行っていく必要がある」
 「プランニングの勘所は、わくわくするような良い企画を作って関係者を動機付けすることである」といった内容で、感じ入るところがありました。

 集合研修は、自分の管内だけを見ていてはわからない、県内全域の動きをつかむことができる、貴重な機会です。年に数回は必要と感じています。


(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

鈴木知子

埼玉県さいたま農林振興センター普及部の技術普及担当で、主に花植木と経営を担当しています。 埼玉県では女性農業改良普及員の1期生です。 農家と、若手の普及指導員が、夢を持って活動できるように支援していきたいと考えています。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る