普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

埼玉県
鈴木知子

土壌診断をする

2008.11.18

 施肥量の決定や生育不良の原因究明のために、必要に応じて、土壌中の肥料成分量を測定することがあります。

 精度を追求すると、土壌を乾燥させたり薬液で成分を抽出したりする必要があるので時間と手間がかかります。最近では、手軽に持ち運べる機器や試験紙を用いて診断する方法の開発が進み、現場で簡易診断ができるようになってきました。

高価な据え置き型の土壌診断機器。精密な測定ができる
高価な据え置き型の土壌診断機器。精密な測定ができる.


 生育がよくないから見に来て欲しいとか、そろそろ追肥をやった方がいいか判断して欲しいなどと言われた場合、管理状況を見聞きした上で、pH、EC、硝酸態窒素などを簡易診断します。機器の数値や試験紙の色を一緒に確認してもらうと、肥料のやりすぎや偏りなどが、すんなり納得してもらえます。簡易診断で判断できない時は、更に石灰、苦土、カリ、リン酸など項目も加えて実験室で測定することになります。目的や分析対象成分に応じて方法を使い分けています。


  
水で土壌中の窒素を抽出し、試験紙の色でおよその濃度を知る。簡易診断法。


(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

鈴木知子

埼玉県さいたま農林振興センター普及部の技術普及担当で、主に花植木と経営を担当しています。 埼玉県では女性農業改良普及員の1期生です。 農家と、若手の普及指導員が、夢を持って活動できるように支援していきたいと考えています。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る