普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

埼玉県
鈴木知子

ヒメイワダレソウを作ってみました!

2008.10. 3

 川口市は江戸時代から植木の産地として発展し、その産物は「安行の植木」として知られています。現在は都市化が進んだため生産ほ場は郊外に移りましたが、生産者、流通業者、造園業者が集積していて、緑化産業の一大基地となっています。
 

 消費の開拓、拡大のためには、新しい品目や品種の導入をしていくことが必要です。Uターン就農した川口市の植木農家後継者に、新しい緑化資材候補品目として「ヒメイワダレソウ」を紹介し、一緒に栽培試験に取り組んでいます。

苗の定植(6月26日) 植木農家の坂口さん   1ヶ月後(7月29日) 
写真 
左:苗の定植(6月26日) 植木農家の坂口さん 
右:1ヶ月後(7月29日)


 ヒメイワダレソウは地面を覆うように生育し、しかもその速度が速い植物です。
 環境美化や雑草対策用の新しい緑化資材として、省力的に価値の高い商品を生産する方法を検討しています。また、実際に造園施工し、作業方法やその後の生育も検討していきます。


2ヶ月後(8月19日)  生育状況を確認する筆者。白い花が咲いている   3ヶ月後(9月24日) マット状に生育したところ。これを切り取って利用する
写真 
左:2ヶ月後(8月19日) 生育状況を確認する筆者。白い花が咲いている
右:3ヶ月後(9月24日) マット状に生育したところ。これを切り取って利用する

    
(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)



鈴木知子

埼玉県さいたま農林振興センター普及部の技術普及担当で、主に花植木と経営を担当しています。 埼玉県では女性農業改良普及員の1期生です。 農家と、若手の普及指導員が、夢を持って活動できるように支援していきたいと考えています。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る