普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

埼玉県
鈴木知子

光でガを防ぐ

2008.09. 3

緑色(左奥)と黄色(右奥)の蛍光灯を設置したシクラメンのハウス。園主の笠原氏と

 農作物を育てるときに問題になる害虫。これからの季節は雑食性のハスモンヨトウ防除が重要です。

 ハスモンヨトウを始めとするヤガ(夜蛾)類には、周囲が暗いとき(夜間)には活発に活動するけれど一定以上の明るさになると行動を停止する性質があります。


 そこで、夜間もほ場を明るくしておくことで、ヤガ類の飛来、産卵を抑制しようというのが「光防除」の考え方です。作物を食べてしまうのは幼虫ですが、そもそも産卵にやってくる成虫を寄せ付けないようにしよう、ということです。

 光防除は農薬散布量を削減できるうえ、薬剤散布労力が軽減できるため、環境に配慮した害虫防除法として注目を集めています。
写真 緑色(左奥)と黄色(右奥)の蛍光灯を設置したシクラメンのハウス。園主の笠原氏と


 通常の蛍光灯では日長反応が問題になるため、まずは黄色の蛍光灯が普及しました。
 近年、花芽分化への影響が黄色より少ないという、緑色の蛍光灯が出てきました。


 そこで、シクラメンを栽培している農家のハウスで、1棟に黄色蛍光灯、もう1棟には緑色蛍光灯を設置し、ヤガ類の被害軽減効果と、シクラメンの生育への影響の比較を行っています。

緑色蛍光灯 黄色蛍光灯
写真 左:緑色蛍光灯 / 右:黄色蛍光灯

(注:本来、電気を付けるのは夕方から明け方ですが、写真を撮るために点灯してもらいました。)

(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

鈴木知子

埼玉県さいたま農林振興センター普及部の技術普及担当で、主に花植木と経営を担当しています。 埼玉県では女性農業改良普及員の1期生です。 農家と、若手の普及指導員が、夢を持って活動できるように支援していきたいと考えています。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る