普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

長崎県
尾崎哲郎

普及活動の評価反省をし、次年度の活動充実を図る

2008.12.24

所全体での普及計画評価反省。寺井所長の冒頭あいさつ
 12月8日に壱岐農業改良普及センターの普及計画評価反省を実施しました。今回は助言者として農産園芸課技術普及班(旧:専門技術員班)から古賀班長を招き、第二期(8月~11月)までの活動および今後の展開について検討しました。
写真右 :所全体での普及計画評価反省。寺井所長の冒頭あいさつ


 プロジェクト課題4つと専門課題5つの計9つについて討議し、活動が計画どおりに進行できたか、なぜ、進行できなかったのか、今後はどのように取り組んでいくのか等をチーフを中心に所全員で意見交換を行いました。また、助言者より指摘を受けながら、残りの4カ月でどこまで仕上げるのか等話し合いました。

 農業現場は常に情勢が動き、なかなか計画通りには進みにくいのですが、その時の状況に応じた活動を展開し、計画を達成する必要があります。飛び込みの要請にも応えながらの活動はなかなか難しいものです。(反省!!)

12日には野菜班の活動評価を行いました。今回は農産園芸課技術普及班野菜担当(2名)と対馬普及センターの野菜担当(1名)の参加を得て、特に技術に重点をおきました。
 
 午前中は壱岐島内での野菜現場(ブロッコリー、いちご、にんにく)を巡回し、午後は膝をつき合わせての活動反省と今後の展開、次年度の計画等について検討しました。

野菜班の評価反省。いちごの新品種展示圃場を巡回  大規模圃場における交信攪乱剤の効果について(ブロッコリーと大豆圃場にて)
左 :野菜班の評価反省。いちごの新品種展示圃場を巡回 / 右 :大規模圃場における交信攪乱剤の効果について(ブロッコリーと大豆圃場にて)


 普及活動においては技術が重要であり、このような評価反省(研修会)は、情報収集や野菜知識向上に役立ち、農家指導への原動力となります。
 若い時は新しい技術情報等は良く頭に入ってましたが、40歳半ばになるとなかなか頭に入らず苦労します。年はとりたくありませんね・・・・

(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

尾崎哲郎

長崎県壱岐地方局壱岐農業改良普及センターの技術課で野菜を担当しています尾崎哲郎といいます。離島ならではの普及活動や普及指導員としての苦労など紹介できれば幸いです。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る