普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

長崎県
尾崎哲郎

壱岐地域のアスパラガスIPM技術確立に向けて

2008.08.18

 長崎県のアスパラガス面積は121.6ha(20年産)と近年はやや減少傾向が続いています。
 壱岐のアスパラガスは8.5haと順調に面積、出荷量は伸びており、20年産は販売額2億円を超えるように生産者、関係機関が一体となって取り組んでいます。


 アスパラガスの病害虫で被害が多いのは、褐斑病、スリップス、ヨトウムシ類の3つであり、今回、アスパラガスでのIPM技術確立のために、壱岐市石田町の農家圃場にて展示圃を設け、減農薬栽培がどれくらい可能か、調査中です。

 内容はヨトウムシ類対策として黄色防蛾灯、スリップス対策としてUVCフィルム、ホリバーロール(青)、シルバーマルチ、害虫の繁殖防止のために防草シートによる効果を確認しています。


 予定よりやや遅く8月1日に、シルバーマルチをハウス周辺に設置しました。
 1mのマルチをのこぎりで1/2にカット(電動カッターがあればかなり楽です)、マルチを固定するために針金を20㎝程度にカットし、環境担当の外尾技師と2人で炎天下、約2時間、作業をがんばりました。

夜蛾類対策の黄色灯(NBT製) (実際に設置してみて、高さは7m以上が望ましいことがわかりました。)ちなみに20年度は約4.2haの面積に黄色灯が導入されました。   シルバーマルチ切断 (電動カッターがあればな~)
写真 
左 :夜蛾類対策の黄色灯(NBT製) (実際に設置してみて、高さは7m以上が望ましいことがわかりました。)ちなみに20年度は約4.2haの面積に黄色灯が導入されました。 
右 :シルバーマルチ切断 (電動カッターがあればな~)


シルバーマルチを設置する環境担当の外尾技師(日焼け対策は完璧です!)  ホリバーロール、シルバーマルチ、防草シートの設置 
写真 
左 :シルバーマルチを設置する環境担当の外尾技師(日焼け対策は完璧です!)
右 :ホリバーロール、シルバーマルチ、防草シートの設置 


 ホリバーロール()を5月8日に設置し、調査を定期的に行っています。  今の段階ではスリップス被害は少なく、ヨトウムシ類の被害は皆無で、これからが飛来数が多くなりますが、恐らく黄色灯で防除はかなり抑えることが期待できます。そろそろ、ホリバーロールの張り替え時期です(メーカーは約3ヶ月の効果があるとのこと)。
 最終結果が出ましたらご紹介したいと思っています。


ホリバーロールの黄色はトマト黄化葉巻病対策で長崎県はすでに普及していますが、スリップス対策で青色の使用はまだ少ないと思います。恐らくアスパラガスでの使用は壱岐が初めてではないでしょうか?

(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

尾崎哲郎

長崎県壱岐地方局壱岐農業改良普及センターの技術課で野菜を担当しています尾崎哲郎といいます。離島ならではの普及活動や普及指導員としての苦労など紹介できれば幸いです。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る