普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

岩手県
中森忠義

タヌキにだまされた!?

2009.03.13

 私が勤務する岩手県、現在は住宅地や国道には全く積雪がありませんが、少し山に行くと、下の写真のようにまだまだ雪がたくさん残っており、吹雪となることも、希にあります。



普及活動の移動中にちょっと車を止めて撮影(2009/03/12)


 先日、吹雪の中、メイン業務が一件終わった後の夕方から夜になる時間帯、とある農場に向かって車を走らせておりました。
 真っ暗な上に吹雪でしたから、車のライトはロービームにして、少し速度を落として走行中、あと少しで目的の農場、というところまで来た時、道路を横切る動物が!!!!

 多分、アナグマかタヌキだったことでしょう。
 私はできる限りの急ブレーキをかけ(といってもロックしないよう注意しながら)、適度なハンドル操作で動物を回避しました。
 その動物は、一度道路の真ん中に出てきた後、Uターンして、道路脇に消えていきましたので、無駄な殺生をすることなく済みました。

 ほっとしながら、左折して目的の農場に入ったつもりでしたが、そこは全く知らない場所でした。
 数秒考えて、慌てて一本手前を左折したことに気がつきましたが、これがいわゆる「タヌキに化かされた状態」なのかな、と思いました。
 気をつけて元の道路に戻り、さらに1本奥の道路を左折すると、目的の農場はきちんとありました。


 車のライトでも「狸寝入り」はしなかったので、あの動物はアナグマだったことでしょう。
 「さらに、ゆっくりと安全運転しなさい」というお告げだったのかもしれません。

(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

中森忠義

岩手県中央農業改良普及センターの滝沢村駐在で、主に畜産を担当しております。 本県の畜産は、養豚や養鶏もありますが、主に関わっているのは、酪農経営・黒毛和種(肉用牛)の繁殖経営・日本短角種の振興などです。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る